髪の毛には女性ホルモン

AGA(男性型脱毛症)のタイプ

U型ハゲは、生え際が後退して額がどんどんと広くなるタイプの禿げ方です。
頭頂部が薄くなる「O型」と同じく、ハゲに悩む日本人のかなり多くがこのタイプに該当します。
また、O型と同時に進行することも少なくありません同時に進行した場合は前と後ろからですので、気になりだしてからあっという間に進行してしまいますので注意が必要です。男性ホルモン(テストステロン)が、毛根にある「5aリダクターゼ」という還元酵素の反応によって、強力な脱毛物質「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変化します。そして、この「5aリダクターゼ」という還元酵素は生え際に多いので、生え際が後退するU型ハゲの原因としてAGAが関係している可能性があります。
後頭部と側頭部の毛はしっかりと残っているのに、生え際の毛が薄くなるのはこのためなのです。

頭頂部進行型(O型ハゲ)

O型ハゲは、頭頂部あたりが薄くなるハゲ方です。
つむじ付近がOの形に薄くなる傾向があることからO型ハゲと呼ばれています。
このタイプの薄毛に悩む人はとても多く、特に日本人に多いといわれています。周りのハゲている人を思い浮かべてもかなりの人数が、このタイプに該当するのではないでしょうか。
つむじからじんわりと進行した場合は、自分ではなかなか気が付きにくいかもしれません。
そのため、気になり始めた時にはすでにある程度、進行してしまっていることも少なくありません。男性型脱毛症(AGA)は、男性ホルモンの一種である「テストステロン」が頭皮にある還元酵素(5α-リダクターゼ)に作用することで発症します。この脱毛の原因とも言える還元酵素(5α-リダクターゼ)は、頭頂部にも多いので、
AGAがO型ハゲの原因であると考えられます。

前頭部M字進行型(M型ハゲ)

生え際の両サイドが「M」の形に剃りこみを入れたように進行していくパターンです。
M字ハゲは白人に多いハゲ方として知られています。日本人にもM字ハゲに悩む人は多く、頭頂部が薄くなる「O型ハゲ」や、生え際が中央から後退して額が広くなる「おでこはげ(A型、またはU型)」と並んで代表的なハゲのタイプとされています。
M字ハゲの主な原因は、男性ホルモンが関係している男性型脱毛症(AGA)と言われています。
額の中央を残し、両サイドにM型にハゲが進行していくのは、男性ホルモンと結びついてDHTに変換する働きをする酵素(5αリダクターゼ)がその部分に多いからです。また、5αリダクターゼは生え際や頭頂部にも多いので、M字ハゲになったということは、O型やU型も同時に進行している可能性もあります。
遺伝するのはハゲではなく、この酵素(5αリダクターゼ)の量や、生成しやすい体質なのです。つまりハゲやすい体質が遺伝するというわけです。

【海外ジェネリック品を個人輸入でお得に購入】

育毛に効果のある医薬品は海外のジェリック医薬を利用すると金銭面で大変、お得です。毎日、服用するもので長期間に渡る育毛ケアなのでお財布にも優しいと大変、助かります。価格は先発薬の約8分の1から10分の1程度なので病院でお薬を処方してもらい続ける事を考えると年間でかなりの差がでてきます。
購入する場合は日本語で利用出来る海外医薬品の個人輸入代行業者を通して個人輸入で入手出来ます。
個人輸入代行業者は海外法人のサイトが多いですが日本の薬機法(旧薬事法)を遵守していない悪質な業者も多いので、利用されるのであれば日本法人が運営している、薬機法を遵守した国内業者を選びましょう。

医薬品の個人輸入代行サイトランキング

AD
海外医薬品・サプリメント・化粧品の個人輸入代行 お薬堂

投稿者:

コメントを残す