AGAクリニックでの治療

AGAクリニックでの発毛治療

「市販の育毛剤で全く改善傾向がない」「栄養バランス、適度な運動、髪に優しい習慣を心掛けているにも関わらず、薄毛が進行しつつある」等、このような症状の場合はAGA(男性型脱毛症)の可能性が高いです。日本では、1000万人以上の成人男性が、薄毛の悩みを抱えていると言われています。
そのほとんどが、AGA(男性型脱毛症)によるものです。
AGAが原因で起こった薄毛は、市販薬での治療が難しく、改善のためには、医療機関の受診が一番オススメです。

AGA遺伝子検査

「高額な育毛剤を購入したにも関わらず、思うような効果が得られない」、そんなリスクを未然に回避するためには、育毛対策を始める前に、AGA遺伝子検査を受けることをおすすめします。
AGA専門のクリニックに受診すると検査を受けられます。この検査では、遺伝子レベルの構造から、「AGAを発症しやすい体質かどうか」を調べられます。
AGAの可能性が高いとすれば、先ずはクリニックで治療を受けるのがオススメです。その可能性は低ければ民間療法で髪の復活も可能です。
自分の薄毛の原因を正しく把握することで、適切な治療方針がたてやすく、将来の見通しがつきます。

AGA専門クリニックでの薄毛治療の流れ

AGAと診断を受けたら、専門クリニックで治療を受けます。病院によって、多少の違いはありますが、一般的な流れは以下の通りです。

1.無料カウンセリングで治療方針を明確に

最初のカウンセリングは、無料の病院がほとんどです。髪の状態、現在の不安を専門家に相談し、治療方針を決めていきます。
費用や通院の頻度についてなど、疑問に感じる点はこの機会に聞いておきましょう。

2.頭部写真撮影と医師の初診

方針が決まれば、頭部の写真撮影、医師の診察に進みます。写真をもとに、髪と身体の健康状態をチェック。
お薬の治療の場合は、副作用の心配はないか、血液検査をします。

3.治療開始・経過観察

お薬が処方された場合は、毎日服薬し、一ヶ月に一度程度、受診をして経過観察を行います。
内服薬だけでは十分な効果が得られないと判断した場合には、「メソセラピー」と呼ばれる毛母細胞に栄養を与える注射治療をはじめとする、他の治療を受けることもあります。
時期と効果を見定めつつ、適切な治療提案を受けることができるのは、専門病院で治療する大きなメリットの1つです。

4.最終的には植毛も1つの選択肢

お薬やメソセラピーを行っても、なかなか髪が生えてこない場合には、植毛も1つの選択肢になります。
植毛をするためには、まず、移植に必要な毛根を採取することが必要。従来の「FUE法」と呼ばれる手法だと、これが大きなストレスになっていました。
近年では、施術時間の短縮される、傷がほとんど残らないなど、身体に負担が少ない植毛法も開発されています。

専門クリニックで治療を受ける最大のメリットは安心感

自己流の治療では、効果が今イチ出ないとき、副作用が発生したとき、何かと不安になります。その点、専門クリニックで治療を受ければ、常に専門医のサポートを受けることができるので安心です。
万が一、副作用や頭皮の異常を起きたときには、クリニックに電話をすれば、正しい対処法を教えてくれます。
セルフケアでは、難しい髪の悩みも、医師に相談すれば解決できることも多いといえましょう。

AD
海外医薬品・サプリメント・化粧品の個人輸入代行 お薬堂

投稿者:

コメントを残す