栄養不足が薄毛の原因に?

栄養不足は薄毛の原因にもなります。毎日の食事で栄養が摂取できないと、髪の成長のもとになる成分が不足してしまいます。薄毛と栄養不足の関係についてご案内します。

どうして栄養不足が薄毛につながるの?

食事から得られる栄養は、まず生命を維持するために重要な器官や臓器に送られます。頭髪への供給は優先順位が低いため、栄養不足が続くと、頭皮への栄養供給が不足します。
この状況が続くと、毛髪の成長サイクルが崩れ、薄毛の原因につながります。

栄養不足が薄毛につながるメカニズム

髪の主な成分がつくられない

髪の主成分であるケラチンは、タンパク質でできています。このケラチンは、体内で生成することができない物質です。そのため、栄養不足が続くと、ケラチンの量が減少します。
髪の主成分が減少すると、髪の毛そのものをつくる機能が低下し、薄毛や抜け毛につながります。

髪をつくるサポートができない

髪をつくるサポート役として重要なのが、ビタミンの働きです。ビタミンは、ケラチンの再生成に必要な亜鉛の働きをサポートするなど、スムーズな毛髪サイクルを維持する大切な役目を担っています。
また、ビタミンには血行促進効果があるため、栄養不足からビタミンが欠乏すると、頭皮の血流が悪くなり、薄毛の原因となります。

健康な髪が生えにくい

栄養不足により亜鉛が不足するのも、薄毛の原因のひとつです。亜鉛は、抜け毛の原因となる酵素の発生を抑制する働きがあります。
また、亜鉛はケラチンをつくる上でも重要な役割をはたしており、亜鉛がなければ髪の毛をつくりだすことができません。
食事などから亜鉛を摂取できない状態が続けば、抜け毛や薄毛に強い髪が生えず、薄毛が進行してしまう原因につながります。

栄養不足では健康な髪をつくれない

ご案内したように、栄養不足が続くと、髪の毛を健康に保つ成分が吸収できず、強く健康な髪の毛をつくれません。こうした栄養不足によるダメージの蓄積が、薄毛や抜け毛に大きく関係しています。

栄養不足を改善するポイントは

では、薄毛につながる栄養不足を改善するには、食事メニューの改善、食事時間の改善が大切です。

食事メニューの改善

薄毛につながる栄養不足の場合、偏った食事が習慣となっている場合が多いです。大切なのは、栄養のバランスを考えた食事です。たとえば、豆類はタンパク質なので、ケラチンの生成につながります。
また、レバーはタンパク質、ビタミン、亜鉛などのミネラルが含まれ、薄毛対策にオススメの食品です。緑黄色野菜もビタミンが多く含まれるため、薄毛につながる栄養不足を改善するために意識して摂取するとよいでしょう。

食事時間の改善

不規則な時間に食事を取ることも、薄毛につながります。髪の毛が特に成長する夜の時間帯に食事を取ると、消化機能に血流が集中するため、頭皮への栄養供給が少なくなります。
また、遅い時間帯の食事は肥満につながり、血流の悪化や頭皮の皮脂が過剰に分泌されるなど悪影響が重なります。食事はできる限り、決まった時間に食べる習慣を心掛けましょう。

薄毛対策にはバランスの良い食事から

栄養不足が続けば、薄毛はもちろん、身体の内臓機能などにも影響をあたえます。内臓の働きが悪くなると、頭皮への血流や栄養補給などがうまく行かず、結果として薄毛を早める原因となります。
毎日の食事バランスを見直して、薄毛につながる栄養不足を改善するようにしましょう。

AD
海外医薬品・サプリメント・化粧品の個人輸入代行 お薬堂

投稿者:

コメントを残す