睡眠と薄毛の関係

睡眠不足と薄毛の関係

夜更かしや睡眠不足は、薄毛を引き起こす原因となってしまいます。今回は睡眠と薄毛の関係について、どのような悪影響があるのかご紹介いたします。睡眠不足が与える薄毛のメカニズムを知って、薄毛対策につなげましょう。

育毛の鍵「成長ホルモン」と「睡眠」の関係

睡眠不足は、翌日の疲れに限らず、「成長ホルモン」の分泌にも大きく悪影響を与えます。

成長ホルモンの働き

成長ホルモンは、アミノ酸で構成されるホルモンの一種で、骨や筋肉の成長を促し、細胞分裂を活性化させ、代謝をコントロールするという重要な働きがあります。
注目すべきは、三大栄養素であるタンパク質・炭水化物・脂質の合成を高め、細胞を修復・再生させる力を秘めている点です。睡眠不足だと、「成長ホルモン」の恩恵を受けられず、ほぼタンパク質で作られている髪の毛は、大きく悪影響を受けてしまいます。

成長ホルモンと加齢

年齢を重ねるにつれて「成長ホルモン」は自然に減少していきます。働き盛りの若いうちは、徹夜などの多少の無理も平気ですが、30代以降の薄毛が気になる年齢になると、事態は深刻です。
睡眠不足や不規則な睡眠を続けていると、成長ホルモンをさらに減らすことになってしまうので、規則正しく眠ることが育毛に欠かせない条件になります。

成長ホルモンが分泌される睡眠中の時間帯

「成長ホルモン」は睡眠のタイミング、時間帯によって分泌量が増減します。一般的に眠りはじめて30分から3時間の間が最も分泌量が多いとされています。したがって、この時間にしっかり眠れるかどうかで育毛に差が出てくると考えられます。

ゴールデンタイムを把握して、薄毛を回避!

成長ホルモンの分泌が多い時間帯を把握しておきましょう。「成長ホルモン」の分泌量が多い時間を「ゴールデンタイム」と言い、午後10時から午前2時にかけて、最も増えるといわれています。
日々の仕事や家事に追われると、午後10時に就寝するのは難しいかも知れませんが、せめて0時には眠れるように努めましょう。この時間帯に眠ることができれば、髪の毛を再生・回復する力を味方にできるので一石二鳥です。規則正しい睡眠を心がけることが、薄毛の改善につながっていきます。

睡眠時に気をつけるべきポイント

睡眠は、身体に生じたダメージを修復・回復します。睡眠中に身体の様々な部位をリカバーしますが、髪の毛はその優先順位が比較的低いとされています。
そのため、睡眠不足が原因だと、修復機能の大半は内臓などの重要な部位に優先的に使われてしまい、髪の毛の修復はおろそかになります。睡眠不足が原因で、毛母細胞の活性化をも妨げるのです。

重要なのは「睡眠の質」

睡眠の質を良くしましょう。睡眠の質を向上させるには、バイオリズム(体内リズム)に合わせて眠るとよいとされます。不規則な睡眠を繰り返すことが原因で、バイオリズムは乱れ、睡眠の質を下げてしまいます。
規則正しく眠ることが育毛にも大切です。睡眠はレム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)を、約90分周期で繰り返しています。深い眠りの状態で、質の高い睡眠を得ることができれば「成長ホルモン」の分泌量も増えます。

投稿者:

コメントを残す